日経225先物取引を知る
日経225先物取引を知る

日経225先物取引とは?

日経225先物取引とは簡単に説明してしまうと、日経平均株価の先物取引です。
先物とは『将来のあらかじめ定められた日に、現時点で取り決めた価格で日経平均株価を売買する取引』の契約を取引する事をいいます。
つまり、現在の先物価格で、決済日の日経平均株価を買う・又は売る事ができます。
例えば、日経225先物12月限を11月10日に10,000円で購入するという事は、日経225先物12月限の満期日である、12月の第二金曜の日経平均株価を11月10日の時点で10,000円で買うという事になります。
満期日に10,000円以上の値を付けていれば利益となり、それ以下なら損失という事になります。

日経225先物の特徴

投資対象について

日経225先物の投資対象は、日経平均株価指数です。
実際の取引においては、日経225の採用銘柄を現実に買うわけではなく、買う権利や売る権利を取引するため、反対売買による差金決済がおこなわれます。
その為、先物は売り建てから取引を始める事ができ、下げ相場でも利益を出す事ができます。
投資対象について

取引をはじめる前に

取引の出来る限月は5つあります。
しかし流動性が高いのは期限の一番近いものです。
投資家のほとんどが、これを取引していると言っても過言ではありません。
逆に、他の4つは例外を除けば、ほとんど取引されていなく、出来高も非常に少ないです。
なので、現在が2006年2月なら「日経225先物3月限」選択して取引をしましょう。
出来高が少ない中での取引は売るに売れない状況などに陥り、いい結果が生まれないでしょう。

注文の仕方は?

株の信用取引に「信用買い」「信用売り」がありますが、それと同じで自由に買いから入ったり、売りから入ったりできます。
「買い」から入った場合、価格が上がれば利益で、価格が下がれば損失となります。
「売り」から入った場合、価格が下がれば利益で、価格が上がれば損失となります。 株式では1株、2株と数えますが、日経225先物では1枚、2枚と数えます。そして取引価格は通常は10円刻みで値が動きます。 注文方法も「指値注文」や「成行注文」と普通の株式取引と変わりはありません。一番覚えなければいけない注文方法が「逆指値注文」です。 逆指値注文とは、「この水準まで下落したら成り行き売り」などというように、通常の指値注文とは逆の注文方法です。
これは短期売買の際には、リスク管理という面で非常に有効です。
また、証券会社によっては特殊な注文方法が利用できるところもありますので、それも有効活用できます。

実際の取引では

実際の取引では、反対売買により決済し、満期日まで待たずに利益や損失の確定をする事ができます。
また、以前は機関投資家によるリスクヘッジ等の利用が多かったようですが、ネット証券会社の手数料が安くなったという事も後押しし、現在は日経平均株価を予想する事で利益を追求する個人投資家が急増しているようです。

日経225mini

日経225先物取引の10分の1で取引ができる日経225mini。
数万円の証拠金で取引ができるので個人投資家に大人気です。
初めての投資家でも気軽にチャレンジできます。

日経225オプション取引とは?

日経225オプションとは日経平均株価を権利行使日に、権利行使価格で買い付ける、又は売り付ける 権利の売買をいいます。
買い付ける権利をコール、売り付ける権利をプットと言います。
【例】2005年11月限の権利行使価格が13,000円のコールオプションの場合、2005年11月の権利行使日に日経平均株価が13,000円以上なら権利が行使されるという事になります。
つまり、オプションの買い手は、日経平均株価の13,000円を超えた部分の金額のを受け取る事ができます。
仮に権利行使日の日経平均株価が13,200円だとすると、買い手はオプション1枚あたり20万円を受け取る事ができます。その反対に売り手は20万円を支払う事になるのです。

ブログ

お勧め様