日経225先物取引を知る
日経225先物取引を知る

先物取引について

2010年12月13日

12月13日(ブルームバーグ):米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴマーカンタイル取引所(CME)の国際通貨市場(IMM)では、7日時点でユーロの売り越し幅が3カ月ぶりの高水準となった一方、円の買い越し幅は3週間ぶりの水準に縮小した。
ユーロ通貨先物の取組残高(非商業部門、以下同じ)は、売り持ちが4万7612枚、買い持ちが3万2322枚で、1万5290枚の売り越しとなった。売り越し幅は9月7日以来の水準に膨らんだ。


先物取引とかよくニュースで聞くなぁ。
よくわかんないけど~

« 日経225先物という投資商品が沢山の投資家にちゅうもくされている理由| 中京で »