日経225先物取引を知る
日経225先物取引を知る

レバレッジ効果とは

レバレッジ効果とは、自分が持っている資金の何倍、何十倍の取引ができる効果の事です。
「レバレッジ=テコ」、自分の力の何倍もの力を生み出す事。
という意味があるように、テコの原理のように自分の力の何倍もの力を生み出します。

証拠金とは

先物取引は、対象とする原資産の将来の値段で利益あるいは損失が決まります。
その損失が生じた場合にも、決済の履行を確保できるために必要な資金の事です。

口座にどの程度入金していれば取引可能か

日経225先物の最低取引金額は(取引価格×1,000)なので、現在の価格が10,000円だとすると、およそ1,000万円にも及びます。
だからと言って口座へ1,000万円の資金が必要かというとそうではありません。
数十万円程度の「証拠金」を口座へ入金していれば取引可能なのです。

リスク管理

レバレッジ効果が非常に高い日経225先物取引は、ハイリスクハイリターンです。
この「リスク」を管理する事が長く取引していく上で、最重要課題となっていくでしょう。

ロスカット(損きり)は厳格に

「今は単なる押し目だろう」「いつかは騰がるだろう」等と楽観的な考えで、これが出来ずに損を拡大させてしまうのは良くありません。
実際これができずに投資の世界から離脱する人も多数います。
投資全般に言える事ですが、欲を出しすぎない事がまず大切な事なのです。

株価指数先物取引には値洗いが

値洗いとは、株価指数先物取引の建玉を毎日の清算指数で日々評価替えをし、その評価差損益を授受する事を言います。
つまり、持っている建玉について、日々の清算指数との差額を値洗いと言い、前日の終値よりプラスであれば「値洗い益」、マイナスであれば「値洗い損」が発生します。

取引や値洗い損で不足金が発生した場合

上記値洗いにより、不足金が発生した場合、必要証拠金を満たすまでの不足分を入金して、不足分を解消しなければいけません。
このような事を追加証拠金といいます。
追証が発生しないように、常に証拠金の額を計算するようにしましょう。

日経225先物との違い

日経225先物と日経225miniの違いは次のようになります。
日経225miniの違い

日経225miniの手数料

現在ではほとんどの証券会社で、100円以下で取引できます。
手数料が100円で、買ってそれを返済する取引をしたとすると、まず買った時に100円の手数料を払い、それを返済した時にまた100円支払うので、合わせて200円という事になります。
これは証券会社によって異なるので、こちらで証券会社を比較して資料請求してみましょう。

ブログ

お勧め様